名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 10月8日~10日/楽天・Kドリームス杯(F2)

【今回の優勝者】
・A級戦:栗田貴徳(愛媛・93期) 2カ月ぶり・今年2回目 通算17回目(A級10回目) (当地6年11カ月ぶり・2回目)
・チャレンジ戦:福田真平(愛知・113期) 2場所連続 通算2回目 (地元初参戦で初優勝!)

【次走注目選手】
栗田貴徳、今岡徹二、福田真平、鈴木達也


今開催はA級戦・チャレンジ戦ともに前回以上に実力拮抗と見ていましたが、優勝を決めた両選手ともに勝ち上がり戦での内容に勢いがあった2人!こういう実力差が無い時は実戦での気配・勢いを重視する必要(もちろん過信は禁物ですが…?!)があるなぁと改めて感じるシリーズでした(^^)

特に今回が地元初参戦だった福田真平は直前の弥彦ミッドナイト戦で待望の初優勝をゲット!!2場所前にも2連勝で決勝進出していて、デビュー当初と比べて急激に良化した印象…その勢いそのままに今回も完全V!これはもう勢いは本物と評価せざるを得ませんが、その戦歴アップにあるのは得意パターンを確立した事にあるかも?弥彦決勝も今回の決勝も、捲った選手の勢いを貰っての強襲劇!今の戦歴アップの背景には得意パターンを確立した事にあるかも知れません!
福田選手はロードレースの世界で長年戦ってきて、特に集団ゴールでのスプリント勝負を得意としていた選手。今回の決勝のように前の選手の勢いを巧く利用する"コツ"はロードスプリントで培った部分も大きいのかも?そして今回のVで何より大きいのは、ミッドナイト開催で無観客だった上に人気的にも伏兵的な存在だった前回弥彦と全く逆の条件の中で、様々なプレッシャーに打ち勝って勝利をモノにできた事ではないかと思います!現状は準決勝のように別線の攪乱の前に組立ての経験不足を覗かせるケースもありますが、これは新人ゆえに仕方ないところ?!当面は安定感が課題になると思いますが、この勝負強さは魅力的!今後の動向に注目していきたいものです(^^)

次回は少し開いてもう年末!12月28日からのF2開催になります!もちろん静岡GPシリーズの併売も予定されておりますので、競輪界の年末大一番とともにぜひご期待下さいm(__)m

ちなみに1・2班戦は前回に続き愛媛勢のV!4月以降の当地A級戦は九州勢も加えて西日本勢の独壇場になっていますが、次回は果たして...?!

記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN