名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 9月3日~6日/スポーツ報知杯・味仙カップ(F1)

【S級戦】
優勝:郡司浩平(神奈川99期) 今年2回目、S級13回目、通算24回目
次走注目選手:原口昌平、鈴木庸之

今シリーズは直前の小田原記念でほぼ1年半ぶりの優勝を決めた郡司浩平が主役として参戦!当地では1月にも参戦(節間未勝利、決勝進出も落車棄権)がありましたが、初日ホーム8番手からのロングスパートの勢いを見ると季節の違いがあるとはいえ当時の気配とは雲泥の差?!確実に好調モードに突入した印象がありました!決勝は一見展開に恵まれた感じですが、ゴール前で一気に突抜けた切れ味は力の違いを見せつけるに十分なもの!今後のグレード戦線に更に弾みがついたのは間違いなさそうです(^^)
その決勝で単騎戦ながら勝負どころで捲っていった鈴木庸之の動きも見どころあり。結果的には郡司浩平を引き出す格好にはなりましたがあの局面で勝負が出来るのは好調の証!準決勝で西本直大の大逃げを10秒9で捕えたスピードは特に印象的でした?!決勝3着だった中本匠栄は今回S級戦では3年半ぶりの決勝進出で初の確定板!最近は自力主体の走りで格上戦でも好走しており、いいリズムの中での決勝3着は今後の自信に繋がるかも知れません!
その他、今シリーズの敢闘賞なら原口昌平の名前を挙げたいと思います!予選は好調・鈴木庸之を苦しめ、準決勝では同期・中西大との先行バトルで奮闘!最終日一般戦も粘り切れずの3着ながら同期・廣田敦士を先行争いで一蹴するスピードを見せており、ラップタイムの比較ならもう上位の選手ともヒケは取らない印象?!今後条件(ライン構成や別線との力関係など)が揃えば争覇級の活躍があるかも?!個人的にもしばらく注目したいところです(^^)


【A級戦】
優勝:市村昌樹(兵庫103期) 1・2班戦初優勝
次走注目選手:小森貴大、樫山恭柄

決勝戦は近畿機動型の別線勝負がポイントでしたが、赤板前の駆け引きから上手く飛び出した小森貴大がその後のペース配分を利かせて格上・藤井昭吾を完封、さらに徳永哲人の捲りも振り切ってライン上位独占を演出しました!終始好展開の市村昌樹はこれが嬉しい1・2班戦初優勝!3番手固めた地元・清水広幸も意地を見せて2着に届きましたが、何と言っても初昇格3戦目(しかも中間1ヶ月のブランクあり)の初優出ながら落ち着いたレース運びを見せた小森の動きが際立った決勝戦になりました!予選では近況好調だった田口守を不発にしましたが、一周タイム23秒3は初日の最速!準決勝では樫山恭柄の強烈なカマシに屈したものの、これは後ろが競られた事でペースを乱したのが敗因で立て直してからのスピードは悪くありませんでした?!今後は別線のマークが多少厳しくなる可能性もありますが、A級でも層が厚い近畿機動型のニューフェイスとして今後の動向に期待します(^^)
その準決勝の強烈なカマシが印象的だった樫山恭柄は1年半ぶりの逃切り勝ち…初日・決勝と展開のアヤに泣きましたが、直前2連覇の勢いは準決勝の脚勢が証明してくれました!同じく直前2連覇だった藤井昭吾も準決勝で赤板からの全ツッパが印象的?!両者とも3連覇は逃しましたが、引き続き好調ムードと見たいところです(^^)


次回は9月22日からのF2・ガールズ開催です!ぜひご期待下さいm(__)m
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN