名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 7月11日~13日/名古屋カップ(F1)

【S級戦】
優勝:サム・ウェブスター(ニュージーランド) 今年4回目 通算5回目
次走注目選手:松谷秀幸、工藤文彦、谷口遼平、藤井栄二

今回はG2戦の直前とあって少しメンバーは小粒になりましたが、その中で主役と目されたのが松谷秀幸サム・ウェブスター松谷は今回未勝利ながら初日は一周駆けての2着、準決は谷口遼平の猛抵抗を捻じ伏せる力強さを発揮。決勝ではウェブスターの後塵を拝すものの、勝負どころを逃さずに中団を確保しており内容はそれほど悲観するものではなく、次の大舞台に向けてはまずまず順調と見ていいと感じました!優勝のS・ウェブスターは準決勝で流したところを工藤文彦に捲られる(3着)など少し甘さも見せましたが、決勝はほぼ完璧な運びで優勝…昨年の成績を大きく上回る成績で今年最終戦を締め括りました!今年は特に長所のスピードを活かして積極的に駆ける運びが目立ち(最近の外国勢はこうしたレース運びが増えた?!)、それ故にスキを見せることが激減した印象でした。昨年の当地では準決勝不発でまさかの9着大敗でしたが、この屈辱を晴らす意味でも価値あるVでした(^^)
注目選手に挙げた中で一人だけ、藤井栄二については初日のウェブスターとの対戦で僅差2着に持ち込んだレースを評価!5月松阪でも外国勢を相手に1/2車身差の2着があり、実力は近況の成績以上のはず!安定感に欠けるのは課題ですが、個人的にはもっと成績が上がる選手と見ているので、しばらく注目してみたいと思います(^^)


【A級戦】
優勝:滝本泰行(岡山109期) 今年5回目、通算16回目(1・2班戦8回目)
次走注目選手:滝本泰行、田頭寛之

今回のA級戦は近況の気配がいい機動型が揃った印象で戦前はかなり期待したシリーズ!ただそうした注目選手が期待通りの活躍ができないケースが目立ったのが正直残念?!そんな中でしっかりと実力を示したのが優勝の滝本泰行でした!当地はこれが3回目の参戦で全て決勝進出…今回は4月に続く2連覇でしたが、今回は4月のシリーズとは違い3日間を通してしっかりと結果を出した点を素直に評価したいところ。これで7月に入って2連覇!タイプ的に展開に泣くケースも多いかも知れませんが、この勢いからは目が離せませんね(^^)
2日目以降は成績が萎んだものの、伊藤稔真松岡晋乃介は初日のパフォーマンスが印象的!もちろん課題も露呈した今シリーズでしたが、次回以降の奮起に期待!未勝利ながら3日間B先行で奮闘…スピードだけは光った田頭寛之はリズム上向きの兆し?こちらも安定感が課題だけに次回の動きを注視したいところです(^^)


次回は9月3日からのF1開催…少し間が空きますが、次回もぜひご期待下さいm(__)m

記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN