名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 7月5日~7日/楽天・Kドリームス杯(F2)

【A級戦】
優勝:加倉正義(福岡68期) 4年6ヶ月ぶり(平成24年1月大垣F1以来) 通算63回目・A級8回目
次走注目選手:佐藤清之、好永晃、布居翼

今回はS級下がり9人が参戦しましたが、その中で決勝に勝ち上がったのは3人だけというのはなかなか厳しい現実?ただ、そんな中でも優勝した加倉正義や特選・準決連勝の若松孝之、準決勝で巧さを見せた好永晃などはさすがにS級基準の力を示した印象!特に加倉正義の決勝戦は道中のムダな動きが殆ど無く、これぞベテランの味という走りを見せてくれました!決勝進出は逃したものの初日に果敢なカマシ先行で見せ場を作った佐藤清之も動きそのものは見どころがあり、今後も注目したいところです!
期待された111期3人衆(皿屋豊・小川丈太・牧田賢也)はそれぞれ片鱗は見せると同時に脆さも露呈?!ただ3人とも可能性は随所に示しており、今後に期待というところでしょうか?他では1・2班戦初舞台だった布居翼が3日目一般とはいえ嬉しい初勝利!デビュー当初から苦しんできた経緯もあるだけに貴重な白星になったかも知れませんね!連日先行勝負で行きっぷりの良さもアピールできたのも、今後に向けては大きな財産になるように感じました(^^)


【チャレンジ戦】
優勝:佐伯亮輔(岡山113期) デビュー戦初優勝
次走注目選手:佐伯亮輔、井田晶之

今月から113期生がデビュー…デビュー前から評判が高い今回生ですが、それを証明するかのようにすでに初優勝の便りも続々!今シリーズも参加5人の新人が全て決勝に勝ち上がる健闘を見せました!優勝した佐伯亮輔はそんな中で唯一未勝利での勝ち上がりでしたが予選・準決とも後続に交わされたもののH前から仕掛ける痛烈ダッシュは見どころ十分で、決勝も思い切ったカマシ逃げで押し切る芸当…アマチュア経験豊富で卒記ファイナリストの実力があるだけに今後への期待は十分ですね(^^)
他にも井田晶之中里福太郎が勝ち上がり戦では自力勝負で結果を出しており可能性は示した印象?!ただ決勝戦は全員がデビュー戦初優勝への欲望が裏目に出たのか、多少たんぱくな勝負になってしまったのが少し残念?今後は実戦に慣れた同期勢の活発な勝負が展開される事を期待したいものです(^^)


【L級戦】
優勝:梅川風子(東京112期) 今年4回目、通算6回目
次走注目選手:児玉碧衣、梅川風子

決勝は期待通りに児玉碧衣・梅川風子の全勝対決!戦前の評価は児玉>梅川の構図(過去1回の直接対決でも児玉に軍配)だったと思いますが、終わってみれば梅川が児玉を初完封…しかも力勝負で振り切った内容も価値がありますね!今回は篠崎新純の仕掛けを巧く活かせたのもポイントでしたが、スタートから常に児玉より前で勝負したところも見逃せないところ!逆に児玉にとっては篠崎に動きを封じ込まれたために一瞬反応が遅れたのが誤算?ダッシュ戦が持ち味の児玉にとって一番嫌なパターンになってしまいました?!近況無双と思われた児玉にも弱点はあったようですが、これはむしろ前々で展開した梅川の勇気を称えるべきですし、厳しい展開でも2着は確保した児玉の底力も評価すべきでしょう!
両者はいずれも次走が松戸のガールズフェス!他にも強豪揃いで簡単ではありませんが、もし両者の直接対決があるならちょっと興味深い戦いになるかも知れませんね(^^)

次回は今月11日からのF1・名古屋カップ!せひご期待下さいm(__)m

記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN