名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 1月29日~31日/楽天・Kドリームス杯(F2)

【A級戦】
優勝:山田純也(岐阜99期) 3ヶ月ぶり、1・2班戦では2回目(通算8回目)
次走注目選手:池部壮太、山田純也

今回の決勝戦は特選組が4人。V候補の一角・池野健太が準決勝で敗れた事もあり混迷の度を増した印象でしたが、それでも重倉高史や藤岡隆治のS級経験ある機動型がいて激しい流れも予想されました?!結果的にこの2人が消耗戦を演じる事になり、道中は脚を溜めて一発に賭けた山田純也に展開が向いたというのが決勝戦の率直な感想!とはいえ前期S級ラインの二段駆けを更に捲り追込むという芸当はいくら展開が向いたといっても好調でなければできない芸当…これで今期まだ2場所とはいえここまでS級昇格基準を大きくクリアする点数を稼いでいる点は見逃せません!"捲り"という得意技に磨きがかかってきた山田純也の今後には注目せざるを得ないと感じました(^^)地元Vへの執念を見せた北野良栄は結果的に少し発進のタイミングが早かったかも?重倉高史のペース配分とともに、改めて二段駆けの"難しさ"が浮き彫りになった決勝戦でした?!
準決勝敗退の池部壮太でしたが、初日は堂々逃切って昇格後初めて予選を1着クリア!準決以降は現時点の力の差も感じさせましたが、行きっぷりのいい仕掛けは見どころあり?!当面はこの積極的な競走スタイルに注目していきたいところです(^^)


【チャレンジ戦】
優勝:菊池峻太朗(静岡111期) 3場所連続完全VでA級2班特進!
次走注目選手:菊池峻太朗、今岡徹二、中村秀幸

今回が2班特進勝負の菊池峻太朗が見事に完全Vを達成!決勝戦は別線の同期の動きを見極めながらジッと我慢の6番手...見た目には一瞬不安もよぎりましたが、その不安をあざ笑うかのような切れ味で勝負強いところをアピール!戦法的にも今回のように勝負どころで脚を溜めてダッシュを活かすのが合っているように感じますが、昇格後は9車立てレースへの対応がカギになるかも知れませんね(^^)逆に対抗格と目された小森貴大は菊池を意識し過ぎたのか決勝は少し消極的な走りに終始!この屈辱をバネにもう一段上の力を付けて欲しいものです!
この決勝戦を面白くしたのが今岡徹二?!欲を言えばゴール前の粘りにまだ課題はありそうですが、今日は二強の一人・小森貴大を叩いて捲らせずの健闘!3日間未勝利でも全てB先行を貫き連日見せ場を作りました。近況はギヤを頻繁に変えているようにまだまだ試行錯誤という印象ですが競走パターンが確立されればまだまだ上積みがあるかも?今後の変わり身にも注目したいところです(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN