名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

オールスター決勝 参考データ

・G1優出実績
坂口晃輔はG1初優出…デビューから8年7カ月、95期では初!
脇本雄太、竹内雄作、渡辺一成、山崎芳仁は今年初
原田研太朗:2年3カ月ぶり(おととし3月京王閣ダービー以来)、2回目のG1決勝

・G1優勝実績
優勝すれば…
脇本雄太、竹内雄作、原田研太朗、坂口晃輔はG1初優勝
(脇本雄太はG1決勝11回目のチャレンジ!)

新田祐大:今年2回目(6月・岸和田宮杯に続き)
深谷知広:3年1カ月ぶり(H26年7月・弥彦親王牌以来)
渡邉一成:1年6ヵ月ぶり(昨年2月・久留米全日本選抜・G1初制覇以来)
山崎芳仁:2年6ヵ月ぶり(おととし2月・静岡全日本選抜以来)
浅井康太:ほぼ6年ぶり(H23年9月・岐阜オールスター以来)

オールスターV経験者は新田祐大、山崎芳仁(V2)、浅井康太
山崎芳仁は8年前の当地ASの覇者…地元G1の連覇もかかる!

・勝ち上がり成績
過去10年の優勝選手の大会中の成績を調べると…
・初日・2日目
  ドリーム組:4人
  オリオン組:2人
  特選予選組:2人
  予選・一次予選組:2人
3日目
  シャイニング組:3人
  二次予選組:7人

優勝者10人中9人は準決勝を連対でクリア。
大会中未勝利での制覇は昨年の岩津裕介のみ!
(決勝2着の選手でも他におととしの神山雄一郎だけ?!)

以上、レース観戦を楽しむ上でもぜひご参考下さい(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN