名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

開催振り返り 8月8日~10日/スポーツニッポン杯(F1)

【S級戦】
優勝:テオ・ボス(オランダ) 今年5回目・来日通算15回目
次走注目選手:テオ・ボス、川口聖二、石塚輪太郎、鈴木庸之、堀内俊介

元より外国勢優勢と見られた今回のS級戦でしたが、今回は若手勢の奮闘で日本勢の健闘も目立った分、見応えあるシリーズだったと思います(^^)
準決勝ではサム・ウェブスターが展開を見誤ったかのような流れでまさかの9着大敗!決勝では勝ったテオ・ボスでも川口聖二の攪乱に終始後手…最終2センターで一瞬切り返すロスがなければ川口が抑え切った可能性もあったほどで、ここまで際どい勝負になるとは?!もちろん苦しい展開を勝ち切ったボスの底力は見事としか言いようがありませんが、川口聖二の大健闘はもちろん評価すべき!そして3着に逃げ粘った堀内俊介も近況のグレード戦で揉まれた経験がいい方向に繋がっていると言えそうで今後の上積みにも期待できそうです(^O^)
あと敗者戦回りの中では今回久々の石塚輪太郎とシリーズ2連対の鈴木庸之に注目!前者は2日目以降結果に繋がらなかったものの1カ月ぶりの実戦としては及第点の内容。単純なスピードはもう上位級なのであとはとにかく上位相手の経験を積み重ねていくのが重要!後者は今回イン捌きのスタイルも見せて位置取りへの対応にも進境?最終日バック捲りの鋭い切れ味も印象的で、この後の競走スタイルについても注目していきたいところです(^^)


【A級戦】
優勝:松田優一(茨城90期) 今年4回目・通算27回目(A級では25回目)
次走注目選手:宮本龍一、三浦翔大

決勝は三浦翔大の奮闘が全て!終始盤石の流れに持ち込めたのが松田優一の勝因ながら、別線の動きを完全に封じたソツのない動きも見逃せないポイントでした?!今日はいいところが無かった宮本龍一ですが初日・準決のパフォーマンスはラップからも極めて優秀…ただバック追い風を巧く活かせた可能性もあり、次走の内容もチェックすべき?谷田泰平は捲り不発とはいえ3コーナーで一旦浮いてからも結構食い下がっていたので直前Vの勢いはあったと見ます!今回は予選組が比較的近況のリズムが良くない選手が多かったのですが、決勝に勝ち上がった田中勇二・三浦翔大は本来90点級の実力がある選手!今回で何かキッカケを掴めたか…この辺りも次走要チェックです(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN