名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

開催振り返り 6月15日~17日/楽天・Kドリームス杯(F2)

【A級戦】
優勝:岡本 総(愛知107) 5ヶ月ぶり・通算11回目(1・2班戦では3回目)
次走注目選手:岡本総、原口昌平、葛西雄太郎

今回は勝ち上がりの段階で選手の好不調が明暗を分けた印象!決勝メンバーはいずれも好気配と見て良かったと思います(^^)
特に優勝の岡本総の気配は決勝メンバーの中でも抜けていたかも?結果として捲り3連発の完全Vですが、この3日間は余裕すら感じさせるレース運びが印象的!今期は途中落車で長欠を余儀なくされた時期もあったので、ここに来て調子も上向いていたと見るべきかも?!今回のようなタテの切れ味を活かせる流れならS級でもそれなりに通用するかも?!決勝は出番が無かった原口昌平ですが勝ち上がり戦でのパフォーマンスは好印象…準決勝の好ラップは成長の証と見て今後注目したいところ!積極的な動きで見せ場を作った葛西雄太郎の奮闘ぶりも決勝では大きなポイントになりました(^^)


【チャレンジ戦】
優勝:庄子信弘(宮城84) 今年9回目・通算15回目
次走注目選手:庄子信弘、田頭寛之、岩井良平

今回も9連勝目のカベを破れなかった田頭寛之ですが決して悪くない内容!さすがに今回は気配上々だった庄子信弘のジカ付けで条件が少々厳しかった印象ですが、敢えて欲を言えば"あと一脚"が欲しかったかも?来期以降は勝ち切るための"あと一脚"に磨きをかけたいところです(^^)
あと補充で存在感をアピールしたのが岩井良平!2日目は一般戦とはいえ1.8秒千切っての圧勝。3日目はV候補筆頭格には及ばずながら3着以降は引き離すスピードを発揮しており、70点割れの成績に留まるとは思えない実戦気配!脚質上はムラがあるタイプでもしばらく注目してみたいところです(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN