名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 4月12日~14日/楽天・Kドリームス杯(F2)

【A級戦】
優勝:岸川哲也(大阪105) 今年3回目・通算9回目(1・2班戦では4回目)
次走注目選手:岸川哲也・堀兼壽・山田哲也・岡嶋登

決勝戦は最終周回23秒前半でやはりハイレベルの戦い!近畿勢相手に奮闘した堀兼壽が見せ場を作りましたが岸川哲也の底力がそれを上回った感じ?!道中は佐藤亙の厳しい牽制を受けながらも巧く交わしながら捲る芸当には脱帽せざるを得ません?!中部勢は堀も含めてやるべき事はやった印象で今回は相手が悪かった?!酒井拳蔵は節間を通して少し物足りなさも残る実戦気配でしたが次は上向くと見たいです!
なお初日一番時計の楢原由将は2日目以降を見ると評価が難しいのですが、追い風参考とはいえ11秒2の上がりは好調でなければ出せないラップ!次走の気配をもう一度チェックしたいところです!


【チャレンジ戦】
優勝:山田二三補(愛知64) 今年4回目(3連覇)・通算5回目
次走注目選手:山田二三補・森佑樹・布居翼・辻政一

今回は田頭寛之の特進成るかが注目されましたが惜しくも2着…ただ堂々と力勝負で挑んだ結果だけに悔いはないのでは?9連勝するには実力を超越した"運"の要素も必要で、今回は厳しいメンバー構成になったところに巡り合わせの悪さもあったような気がしますね!もちろん優勝したベテラン・山田二三補の充実ぶりは目を見張るものがありますが、今日に関しては吉川勇気の貢献ぶりも見逃せません?!この吉川、やはり間隔が空いた効果で先月よりも動きが良化した印象なので、次回以降はもう一段の上積みに期待したいところです!
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN