名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今度は


 名古屋での走りはデビュー戦以来。そのときは74失とさんさんたる結果に終わった。その時の思いを胸に、亀川史華が2度目の名古屋出走を迎える。


 幸いにも近況は、持てる力が開花してきた印象。ここまで6場所連続で決勝進出と安定感がでてきた。「調子は普通」と前置きしながらも「できるだけ前々の方にいたい。そうしてレースを組み立てているから」と抱負を語る。確かにスタート回数も多く前に踏み込んでいく姿勢は見える。

 「長沢さんとは何回か対戦はあると思う。がんばりたいですね」と初戦7Rの意気込みを語った。デビュー戦でのひ弱な面影はすでになく、華麗さと力強さを併せ持つ印象だ。技巧派と自力型がそろった激戦レースでも、その力を見せてくれる。
記事:中日スポーツ 西崎記者
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN