名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

シリーズ回顧(8/3-5 ミッドナイト競輪・WINTICKETミッドナイト競輪)

【A級戦】優勝:飯嶋 則之(栃木81期) 6ヶ月ぶり(2月前橋)今年3回目、通算45回目(A級32回目)
【L級戦】優勝:鈴木 美教(静岡112期) 5ヶ月ぶり(3月岸和田)今年3回目、通算50回目
今後の注目選手...(A級戦)橋本瑠偉、溝口葵、石田拓真、堺文人(L級戦)杉浦菜留

ここでは先日のミッドナイト開催を振り返ります。

A級決勝は橋本瑠偉・飯嶋則之の栃木コンビが完全制圧!別線の動きで展開が向いた一面もありましたが、最終ホーム前から仕掛けた橋本選手のラップタイムはラスト一周22秒6という快速ぶりで、これなら展開の利が無くても前団を捕え切った可能性も高かったのでは?橋本選手は準決勝でも22秒台を叩き出しており、1ヶ月ぶりの実戦という点を考えれば2日目以降の内容は上々!決勝では最後に飯嶋選手の差し脚に屈しました(このスピードで付け切って差す芸当を見せた飯嶋選手も改めて健在をアピール!)が、これからの戦いに期待が持てる内容でした!
なお決勝進出こそ出来ませんでしたが、溝口葵・石田拓真のチャレンジ上がりの2人が昇格後初めて予選をクリア!特に溝口選手は予選で好調・浅見隼を完封する健闘ぶりが光りました!両者とも最終日は同着ながら1着で締めくくっており、これは今後に向けても大きな自信になったかも?捲り2連発で決勝入りした堺文人も素直に評価したいと思います(^^)

ガールズ決勝は結果的にシリーズリーダーの鈴木美教一時内に詰まってしまう危ないシーンがありながらも、その難局を凌ぐ勝負強さは流石?!近況少し優勝から遠ざかっていただけに、この1勝で流れが変わるかも知れないので、鈴木選手としては次走以降の戦いが重要になりそうです!
他に今回特に目立ったのが杉浦菜留!決勝ではちょうど前に居た選手と仕掛けのタイミングが合ってしまう誤算が響きましたが、今回は3日間にわたって捲りに賭けた時の切れ味を改めて証明?!多少展開に注文が付くタイプですが予選2連勝の今回は動きが良かったのも事実!この後も暫くは要注意ですね(^^)


次回の名古屋競輪は8月27日からのF1シリーズ中日スポーツ杯・名古屋サイクルクラブカップです!
普段の日中開催とはまた雰囲気が違う名古屋競輪初のナイター開催にぜひご期待下さいm(__)m
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN