名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

シリーズ回顧(6/1-3ミッドナイト競輪 楽天・Kドリームス杯)

【A級戦】優勝:山崎 光展(京都93期) 通算21回目 今年3回目(3月向日町以来、ほぼ3ヶ月ぶり)
【L級戦】優勝:太田 美穂(三重112期) 通算13回目 今年2回目(直前の福井に続き2連覇)[当地では昨年12月MN戦に続き2連覇]
今後の注目選手...(A級戦)鈴木輝大、坂木田雄介、関根彰人、篠原忍、岡田亮太(L級戦)太田美穂、小坂知子

6月になってようやく新年度開催が幕を開けた名古屋競輪場!秋にはG2・共同通信社杯も控える今年度の名古屋競輪にご期待頂きたいと思いますm(__)m

それでは今シリーズの振り返りです。
A級戦でひと際目立ったのが直近3連覇の勢いで今回を迎えた鈴木輝大!初日特選は別線の吉堂将規の反撃を許さずほぼ2周を逃げ切るパワーを見せつけると、準決勝では谷本奨輝のメイチを捻じ伏せるロング捲り快勝!決勝では同門・古川宗行に特選でワンツーを決めた宮下貴之というなかなか強力な援軍を得て4連覇のチャンスも十分を見られましたが、そこに徹底抗戦を見せたのが相手が強いほどに燃える印象もあるベテラン先行の坂木田雄介。最終的には鈴木選手が出切ったものの坂木田選手の抵抗をキッカケにして関東マーク陣の連携が乱れ、最終的にはそこに巧く乗じた山崎光展がこの展開をモノにしてのV!ただ3着に終わった鈴木選手も負けて強しの内容(個人タイムはラスト一周22秒台!普通なら勝っていてもおかしくない内容です!)でしたし、この混戦を演出したのは間違いなく伏兵・坂木田選手の奮闘!Vの山崎選手も力が無ければ抜け出せなかったはずで、各ラインが死力を尽くした好勝負だったと思います!
L級戦は連勝で勝ち上がった太田美穂吉村早耶香の対決が注目されましたが、終わってみれば太田選手の独壇場!吉村選手は後手に回って見せ場がありませんでしたが、現時点での勢いでは直前今年初Vがあった太田選手に若干分があったようにも感じました。今年なかなかVがなかった太田選手はこれで2連覇…2日目は11秒台の捲りも出て明らかに勢い付いた印象?!これから夏場にかけて太田選手の活躍が期待できそうです!2着・3着が小坂知子中村由香里のベテラン勢で少し配当が跳ねましたが、特に2着の小坂選手は2日目に土屋珠里との捲り合戦を制しての2着があり、落車明け2戦目で復調をアピール!今後に繋がる3日間だったのではないでしょうか?配当的な魅力という点でもちょっと注目したいところですね(^^)
その他では近況好調の関根彰人が最終日に目標不発から鋭脚発揮などでシリーズ2勝!最終日に上がり11秒3の好タイムで捲った篠原忍や、3日間先行勝負を貫いた岡田亮太の走りを評価しておきたいと思います(^^)

次回の名古屋競輪は来月13日からのF1開催…次回が新年度初のデイレース開催になります!
次開催もぜひお楽しみ下さい(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN