名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 2月3日~5日/ミッドナイト競輪 楽天・Kドリームス杯(F2)

【A級戦】優勝:森安 崇之(香川84期) ほぼ1ヶ月半ぶり(昨年12月高松以来)、A級16回目(通算27回目)
【チャレンジ戦】優勝:岩城 佑典(愛知119期) 今年3回目(先月四日市に続き)
今後の注目選手...(A級戦)桜井雄太、寺崎祐樹、樫村伸平(A級戦)岩城佑典、山出裕幸

今回は名古屋競輪今年最初のミッドナイト開催でしたが、ちょうど立春寒波の到来と重なり連日かなりの寒さ…更に最終日は雪の影響も心配されましたが何とか開催を終える事ができました!

実力がかなり拮抗していた今回のA級戦、決勝は特選組3人が組んだ強力な中四国勢に中部勢が挑むという構図でしたが、結果として下野義城が率いる中四国勢が中部勢の抵抗を退けて上位独占!番手を活かした森安崇之が展開をモノにする格好で今年初Vをゲット!今年に入ってややリズムが悪いかなと見ていた森安選手でしたが、昨年2勝3連対という成績を上げていた下野選手とのタッグで最高の結果!これでまた勢いが付くか、今後も注視したいところ!また決勝は不発だったものの地元・桜井雄太勝ち上がりの2日間で復調気配をアピール!こちらは昨年終盤は不振にあえいだものの、1月に入って敗者戦とはいえ勝ち星も上がっていたので徐々に立て直しつつあるかという戦前の見立てでしたが、準決で低評価を覆す捲り快勝にはインパクトがあり、これで復調のメドは立ったかも?!こちらも今後の動向は注目したいところです(^^)
チャレンジ戦は岩城佑典入江航太の119期対決が注目されましたが、地元の岩城選手が冷静な戦いぶりで3回目のV!これまで2回のVはいずれも番手を活かしてのものでしたが、今回は自力で戦っての価値あるV。今回が地元・愛知での初Vでしたが、次回のホームバンク参戦に弾みを付けたとも言えそうです!敗れた入江選手も予選で伏兵・山出裕幸の大捲り(山出選手は最終日も捲りを決めてシリーズ2勝!今回好調でした)に屈しながらも3日間最終Bを駆ける意欲的な走りでオール2連対!この辺りは素直に評価したいところです!3着だった服部竜二は1月2場所がかなり厳しい戦いになっていたので気配を心配していましたが、予選で岩城選手の逃げにピタリ追走で食い下がり、準決勝では目標不発からの俊敏なコース取りで2着を確保!決勝も後ろから猛追した浅見敏也(準決勝では岩城選手に際どく迫るシーンもありました)をわずかに振り切っての確定板確保?!今回は地元戦とあってか連日の気合は見逃せませんでした(^^)
今回は"極寒"という名古屋にしてはやや特殊なコンディションで、しかもかなり選手の実力が拮抗していたシリーズ!!そんな中で選手個々の動きに好調・不調が垣間見えたところがあったとも見ています?!今回は特にタテ脚に光るものがあった選手を今後の注目選手として名前を挙げてみましたので、この辺りの選手の今後の動向にはちょっと注意していきたいと思います(^^)

名古屋競輪は次回もミッドナイト開催…次開催はガールズ開催の楽天・Kドリームス杯です!
次回のの名古屋ミッドナイト競輪もぜひお楽しみ下さいm(__)m
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN