名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 1月8日~10日/スポーツ報知杯・味仙カップ(F1)

【S級戦】優勝:山口 拳矢(岐阜117期) 4ヶ月ぶり(昨年9月岐阜G2・共同通信社杯以来)、S級8回目(通算17回目)
【A級戦】優勝:渡邉 雅也(静岡117期) 年末立川に続いて年またぎの2連覇、A級8回目(通算16回目)
今後の注目選手...(S級戦)山口拳矢、野口裕史、金子幸央、藤根俊貴(A級戦)渡邉雅也、下岡将也

名古屋競輪の新年開幕戦として争われた今回のF1戦、優勝したのはS級・A級とも117期の2人しかも両者とも良血?!)でした(^^)
A級の渡邉雅也は別線・下岡将也の強烈なカマシ先行にやや苦しんだ感もありましたがゴール寸前でなんとか捕えてのV!初日は少しまともな逃げ展開で伏兵陣の波状攻撃に沈んだ格好でしたが、鋭い中団取りの動きが光った準決勝は持前のセンスが光った一戦でした!昨年はV7回でおそらく来期のS級もほぼ決めており、これからはどういったスタイルで戦っていくのかも含めて注目したいところもありますね(^^)
S級の山口拳矢は連日村上義弘とのタッグという事が話題を集めていましたが、昨年終盤は相次ぐ落車もありヤングGPの段階でもまだ不安を抱えている中での参戦…それだけに年明け初戦の今回は手応えも確認しながらの実戦だったという印象でしたが、逃げて捲って2着2本という内容?!まだ完全な状態ではなくともある程度は戦えそうかなという印象を持ちました!決勝は単騎戦でしたがオッズはほぼ一本被り?!もう山口選手の単騎戦はほとんどのファンが不安材料にしていないというのも浮き彫りになっていましたね(汗)レースは先行力最上位の野口裕史の3番手を確保した段階でほぼ勝負ありだった感じでしたが、最終バックから捲って抜け出す脚勢はちょっと次元が違うかなという切れ味で、ゴール前では後ろを確認するほどの余裕の勝利!この後は豊橋G3を経て2月に斡旋が空くので、春に向けては更に上積みも?今年のG1戦線に欠かせない存在としてこれからも期待したいものです(^^)

今月の名古屋競輪の開催はこれで終了!次回は2月3日からのミッドナイト開催、楽天・Kドリームス杯です!
来月の開催もぜひお楽しみ下さいm(__)m
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN