名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 8月25日~27日/楽天・Kドリームス杯(F2)

【A級戦】優勝:菅原 裕太(静岡100期) 今年3回目(前回伊東に続き、2場所連続)通算18回目(A級11回目)
【A級3班戦】優勝:上杉 嘉規(福井119期) 通算3回目(3場所連続完全VでA級2班特別昇班)
今後の注目選手...(A級戦)菅原裕太、小笠原光(A級3班戦)上杉嘉規、佐藤竜太、石貞有基

今回はほぼ1ヶ月半ぶりの本場開催でしたが、今回は3日間を通してバンク内は35℃超の猛暑!選手達にとっても少し過酷な状況の中での熱戦となりました(^^)

今回はチャレンジ戦を振り返ります。
では今回が特進チャレンジだった上杉嘉規が連日圧倒的な走りで完全V!堂々と2班特進を決めて見せました!先月の本格デビュー後、12戦して負けたのは初戦の決勝(捲り届かず2着)だけで、2場所目以降は全て逃切り勝ちという内容も文句無し。今回も勝ち上がりは全てほぼ2周駆けて、一周23秒台前半で駆けており、この時点ですでに1・2班戦で十分通用する実力を示していました。
決勝はさすがに勝ちに行く姿勢で一旦は別線の地元勢を出す運びでしたが、打鐘過ぎにイッキに巻き返すや強烈なスピードで前団を一飲みして後続に7車身差...しかもラスト一周は21秒9(最終H~Bが10秒7)というチャレンジ戦では破格の時計を叩き出しての圧勝劇!!上位通用の手ごたえを掴んでのチャレンジ戦卒業という事で、これから次のステージでの戦いぶりにも注目していきたいものです(^^)
同期の特進を許した佐藤竜太・石田拓真の地元コンビでしたが、2着だった佐藤選手は計算上は一周22秒台で駆けており、石田選手も最後は叩かれ大敗ながらもゴール前で差し返す勢いを見せていました!両者とも現状はまだ成長途上の印象ですが実力の片鱗は随所に感じさせています!今後の実戦で自信を掴んでくればまだ上積みに期待できそうですし、個人的には今後の2人の成長に大きな期待をしたいと思います(^^)

来月の名古屋競輪はミッドナイトx2とデイレースの3本立て!次回は9月3日から、当地久々のミッドナイト開催・オッズパーク杯ですm(__)m
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN