名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

力で突破


名古屋競輪の初日A級戦は波乱の連続。2Rで山本勝利、3Rで小松原正登の117期が連続して敗退。妙なプレッシャーがかかる中、4Rの同期・倉田紘希は逃げ切って力を発揮した。それでもレース後は「良くないですね。ここ2場所はやらかしているし、練習でもそれほど…」と首をひねる。

 原因は不明だが「レースしてても楽しくないし、そもそもそんなに練習ができてない…。あっ、最近はウエートが足りてないかも。それが原因かもしれませんね」と話している中で不調の原因がわかったムード。「とにかく頑張るだけです」。準決4Rは果敢駆けから5月松山以来となる決勝進出だ。


記事:中日スポーツ 西崎記者
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN