名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 5月8日~10日/競輪ルーキーシリーズ2021(F2)

【A級戦】優勝:清水 剛志(福井103期) 通算18回目・A級10回目(昨年10月大垣以来、7ヶ月ぶり)
【男子新人戦】優勝:犬伏 湧也(徳島119期)
【女子新人戦】優勝:内野 艶和(福岡120期)
今後の注目選手...(A級戦)清水剛志、高橋成英、中川貴志


今回は当地初のルーキーシリーズとして行われましたが、養成所の成績上位選手も数多く揃っていて男子・女子ともレベルの高いレースが多かった印象!当然、前回静岡から連覇した犬伏湧也内野艶和は強かった(特に犬伏選手は連日10秒台で駆ける爆発力を見せつけました!!)と言えますが、他の選手も随所に光るところを見せていたのでこの先が楽しみ?!あくまでも本当の勝負は7月からなので、今回手応えを掴んだ選手はその自信を大事に!逆に手応えを掴めなかった選手はその反省をバネにして次のステージに向かって欲しいものです(^^)

もちろん今回はその新人たちのパフォーマンスが注目されたシリーズでしたが、個人的にはA級決勝を制した清水剛志の復調ぶりも評価したいところです!意外にも今回が今年初めてのVでしたが、直前の地元戦でもいい動きをしていたので今回も注目していた一人!初日特選は単騎戦でしたが最終B手前で最後方という展開から強烈な切れ味で捲り追込み快勝。準決勝も最終H6番手から捲って順当勝ち。決勝では伏兵ラインを前に行かせて中団確保...このレースで人気を集めていた117期・橋本優己を翻弄する駆け引きの巧さも見せてのV連日11秒前半の上りで勝負を決めただけに、その脚勢も復調を裏付けするに十分だったと思います(^^)
今期は中間やや本来の切れ味を欠く印象もあった上、来期は1年半ぶりのS級返り咲きを控えているだけに、の時期で再び勢いが付いたのは大きい?!この勢いを今年後半のS級戦に繋げる事ができるかどうかに今後は注目していきたいと思います(^^)


名古屋競輪の本場開催、次回は1ヶ月後!次回は6月14日からのミッドナイト開催WINTICKET杯。次の日中開催は6月21日からのF1中京スポーツ杯です。来月の名古屋競輪にもぜひご期待下さいm(__)m
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN