名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 7月24日~26日/ミッドナイト競輪 WinTicket杯(F2)

【チャレンジ戦】優勝:櫻井 祐太郎(宮城117期) 通算2回目(2場所連続完全V)
【L級戦】優勝:坂口 楓華(京都112期) 通算8回目、これで直近4場所連続V
今後の注目選手...(チャレンジ戦)櫻井祐太郎(ガールズ戦)太田美穂、坂口楓華

前回の日中開催の時はもう梅雨明けしたのかと思うくらい?!連日猛暑日一歩手前という真夏並みの陽気でしたが、その後は再び梅雨空が復活!今回のミッドナイト開催の間は時々激しい雨もあったりして連日スッキリしない空模様の中で行われました(>_<)月曜朝の予報では東海地方は月末あるいは月明けくらいには梅雨明けになるのではという事ですが、特に梅雨末期の激しい雨の降り方には注意すべきでしょうね(^^)

今回はガールズ・チャレンジの9レース制!メインのチャレンジ決勝新人117期4人がしのぎを削るという戦いになりましたが、この戦いを制したのは宮城の櫻井祐太郎!この決勝のレース運びを見るとレースの流れを完全に支配して他の同期を手玉に取った感じで、高い戦略性とそれを容易に実現できる脚力を同時に証明?!ちなみに今月の名古屋は3場所続けて好素材の117期生が結果を出していた(山口拳矢・長屋秀明)のですが、それらとはまた少しイメージが違う感じで見た目のインパクト以上にレース運びの上手さが痛烈に印象に残りました!もちろん次のシリーズで2班特進に挑む事になりますが、実力的にその可能性は十分にあると言って良く、早くも次走が注目されます(^^)
今回も含めて今月の名古屋はたまたま3節開催全てで117期生の走りを見る事ができましたが、結果だけを見ると大きく明暗が分かれた印象もありますね。ただそのレースを見ていると"実戦への対応力"という部分で個々に差があったというのが率直な感想!結果を出した選手は当たり前ですが自然にレースの流れに乗っている感じがあったのですが、結果一息の選手は仕掛けどころやペース配分などがバラバラで、流れに乗れていない、或いは流れを作れていないという印象です。こういうところは実戦経験を積む事で徐々に改善されていくはずなので、来月あたりからは一気に成績を上げてくる選手も相当数いるかも?車券を買う時はどうしてもシビアな評価をしがちですが、個人的に新人選手は長い目で見るのが必要と考えており、当初なかなか実力を発揮できなかった新人の変わり身をチェックしていくのも当面の楽しみですね(^^)
今月の名古屋で戦った新人たちの今後の活躍には期待をもって注目していくつもりですm(__)m


次回の名古屋競輪はいよいよ8月12日開幕のG1・オールスター競輪です!!ぜひご期待下さい(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN