名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

はじめまして(^^)

名古屋競輪場実況アナ・藤澤です。
今月からはブログの方も更新していく事になりました!まだブログについては要領を得ていないのでしばらくは更新内容も手探りという感じですが、レース実況・公式twitter(つぶやきに【実況席より】と書いております)と併せて今後ともよろしくお願いしますm(__)m

さて、明日からの名古屋競輪はほぼ1か月半ぶりの本場開催『中日スポーツ杯・中部競輪カップ(F1)』が始まります!
S級戦のシリーズリーダー的存在となるのが成田和也と市田佳寿浩!本来なら次のG1戦に名を連ねてもおかしくない両者が奇しくも今回の主役になります。市田にとっては中井太祐の存在が心強い材料。3月小倉でS級初優勝も挙げて近況F1戦ではすっかり安定!当地では目下2場所連で決勝に絡んでいてバンク相性も追い風になるかも知れませんね。一方の成田にとっては須永優太が頼みの綱?4月にS級特進した後も勝ち上がり戦で健闘中ながら捲りが主戦法だけに、場合によっては目標に苦労するケースも一考したいところです。
層の厚さで優位に立てそうなのが関東勢...予選組で実力ある機動型(金子幸央・金子哲大・長嶋大介)が揃うので、これらの勝ち上がり次第ではV争いのカギを握るかも。地元勢も松岡篤哉の近況に勢いがあるだけに十分にチャンスはありそうです!南関勢・西日本勢がメンバー的に劣勢は否めない印象ですが、逆に高原仁志や佐藤龍二の存在は穴党にとっても魅力的かも知れませんね?!
東海地方もいよいよ長雨の季節を迎えて、この時期独特の蒸し暑さにはちょっとウンザリしてしまいますが、そんなジメジメした空気を吹き飛ばす熱戦に期待したいところ!この後に控えるG1・高松宮記念杯の直前開催として、バンクの特徴などを予習する意味でもぜひご注目下さい(^^)

*参考データ(S級戦)
・地区別人数 ()は自力
北日本 7(3)
関東  11(4)
南関  6(1)
中部  9(4)
近畿  5(1)
中国  3(1)
四国  3(0)
九州  2(0)
・連対率
1位 成田和也  83%
2位 中井太祐  57%
3位 市田佳寿浩 53%
4位 松岡篤哉  52%
5位 西村光太  45%
・バック先行率
1位 金子哲大  65%
2位 菅原裕太  46%
3位 中井太祐  39%
4位 松岡篤哉  36%
5位 金子幸央  35%
・連対時2車単配当平均(今期・連対率20%以上)
1位 高原仁志  7,242円
2位 坂本修一  6,063円
3位 市田佳寿浩 5,698円
4位 松山桂輔  5,593円
5位 朝日 勇  4,735円
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN