名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 5月24日~26日 WinTicket杯(F2・ミッドナイト)

【チャレンジ戦】優勝:佐藤 礼文(茨城115期) 今年3回目・通算7回目
今後の注目選手...(チャレンジ戦)井上将志、古賀勝大、竹内真一、緒方慎太朗

今回は当地3ヶ月ぶりで今年度最初のミッドナイト戦として行われました!チャレンジ戦らしくV争いの主役は新人115期勢でしたが、今回は中堅・ベテラン勢のハッスルプレーがシリーズを盛り上げた印象もありましたね?!予選で新人相手にベテランが積極的な仕掛けで攪乱したり、敗者戦では50代のワンツースリーやベテランの先行逃げ切りなどもあり、穴党にも楽しめるシリーズになったのではないでしょうか?(^^)

とはいえ決勝戦はさすがに主力の新人勢の勝ち上がりでハイレベルの力勝負に…そんな中でVを決めたのは今回3ヶ月ぶりの実戦だった佐藤礼文!決勝は単騎戦で終始中団追走で最終局面でイッキに踏み込むと11秒3のキレ味で勝負を決めてみせました!初日こそ展開で後手に回ったぶん決め手を欠き(中団先捲りの井上将志に届かずの3着)、3ヶ月ぶりの不安を払拭できませんでしたが、準決勝では位置取りへの拘りで3車併走の真ん中で内外を捌き捲るという器用な芸当で軌道修正?!決勝はやや展開が嵌ったという感じもありますが、ある意味では自分の持ち味である瞬発力を活かしきったともいえ、3ヶ月走れなかったうっ憤を晴らす会心の一撃だったと言えそうです!
あと一歩で優勝の逃した井上将志にとっても今回は収穫が大きいシリーズだったのでは?!予選で佐藤礼文を降し、これで前回に続き2場所連続で予選で新人を撃破!今年序盤は不慣れなチャレンジ戦の流れになかなか順応できず点数も伸び悩んでいたのですが、今回で今期の点数ランクで昇格圏内まで上昇!!これは今後のモチベーションにも大きな影響がありそうです!惜しまれるのは最終3角で後続の捲りに対するけん制の動きが少し大きくなった点?最後の着差を考えればこの"ロス"が響いた感は否めませんが、この時期に勢い付いたのは来月の期末だけでなく7月以降の1・2班戦返り咲き(来期A1)にも弾みが付くかも?今後の動向からも目が離せないところです(^^)

ちなみに準決敗退でも今節2勝の竹内真一はなかなか末脚がキレる印象…最終日の高配当演出で直近4ヶ月での車単万車券は3回目!これで車単での回収率が400%くらいで、この期間のチャレンジ戦では一番高い数字(出走10回以上)になっています?!この期間の連対率も3割を超えているとなればこの好調な動きに裏付けもありそうで、今後も要注意ですね(^^)

次回は来月15日からのF1ガールズ開催、日刊スポーツ杯・e-SHINBUNカップ!!当地では初めての地区限定あっせん開催となるだけに個人的にもちょっと楽しみなシリーズ!メンバーもなかなか興味深い顔ぶれなので、ぜひお楽しみに~(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN