名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 2月15日~17日 WinTicket杯(F2・ミッドナイト)

【A級戦】優勝:福永 大智(大阪113期) A級[1・2班戦]9回目、今年3回目
今後の注目選手...(A級戦)福永大智、大関祐也、中嶋宣成

今回の名古屋競輪は今年初のミッドナイト開催でした!最終日こそ寒の戻りで厳しい寒さの中でしたが、初日・2日目はやはりこの時期の夜にしては気温高め(2日目は小雨の中ではありましたが…)で、こういうところにはやはり暖冬傾向を実感させられますね?!

優勝は点数最上位で今回のシリーズリーダーと目されていた福永大智!決勝では別線の先行に巧く反応して勝負所で4番手を確保。この段階でほぼ勝負を決めた感じもありましたが、バックから捲り返すや一瞬で後続を突き放して最後は7車身差の圧勝劇!この日は全体的に時計がかかっていて重たいバンクコンディションだったにもかかわらず、上がりはただ一人の11秒台で、これは明確に圧倒的な力の差を証明するものと言えるでしょう(^^)これで11月以降でV6回…この中では不思議と完全Vが無いのですが、今年A級1班に昇格した事で特選シードになり、初日は恐らく意識的に積極的に駆けるケースが多いのも一つの理由?今回も初日は最終ホームから叩き返す意欲的な仕掛けを見せていました!今回は準決勝が捲り届かずの2着でしたが、このレースは大関祐也に巧く運ばれた印象でむしろ終始外を回る格好での2着は負けてなお強しの印象!まだ21歳という"若さ"も魅力で、今回の内容以上にまだまだ今後の成長が期待できる素材と見ているので、これからの更なる成長にもぜひ注目してみて下さい(^^)

他に今回気になったのは大関祐也中嶋宣成の両機動型!大関祐也は今回唯一の連勝優出で、準決勝は作戦的に上手くいったとはいえ福永大智を振り切っており、前回宇都宮に続く優出(この宇都宮準決勝で逃げて2着!ここで復調の兆し有りと見ていました)で"自信"を取り戻した印象で、今期序盤の不振を挽回する可能性は十分!一方の中嶋宣成は予選こそ逃げ切ったものの2日目以降は近況通りにやや最後の粘りを欠いています。ただし予選・準決は連日ホームからのカマシ先行でラスト一周は23秒前半半周は11秒前半のラップで駆けており、現時点の課題は明らか!ただスピードという点では状態面に上積みはありそうなので、順調ならここ数場所で結果を出してくる可能性はあると見ます(^^)

次回の開催は中2日で2月20日からのF1開催、中京スポーツ杯!!次回もぜひご期待下さい(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN