名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

今開催の振り返り 12月15日~17日 楽天・Kドリームス杯(F2・ミッドナイト)

【チャレンジ戦】優勝:石井 洋輝(福島115期) 通算5回目(ミッドナイト戦では4回目…3場所連続完全V!)
今後の注目選手...(チャレンジ戦)石井洋輝、福田滉、奥原亨、岡田大門、善方政美、柊元則彦

今年の名古屋競輪場ラスト開催は当地3回目のミッドナイト戦でした!優勝は福島のルーキー・石井洋輝…連日逃げてよし捲ってよし、決勝も同期・福田滉とのスプリント戦を制して、V候補筆頭に恥じない実戦内容での完全Vでした(^^)
石井洋輝の連日のレースを見ていると実に軽やかな走りで、パワーで圧倒するというよりはレース運びの上手さが目立ったように感じます。その裏付けになるのはひょっとすると"3.83"という今では少し軽めのギヤ倍数?初日は別線に突っ張られかけたところでも外並走で立て直して巻き返す芸当を見せて、準決勝も同期・土田武志のカマシに受けながら3番手で立て直すとすかさずバックで捲り返してこれを一蹴!普通なら少し危ないシーンでも"立て直し"が効くのがこの選手の強みになっているかも知れません?!ジュニア時代には中・長距離種目で活躍しており持ち味はやはり持久力だと思いますが、そうしたアマチュア経験の下地からか乗車フォームもバランス良く見えますし、まだまだその実力に奥がありそうな印象!これからの成長が楽しみな素材と実感しました(^^)
今回は他にも伏兵の実戦気配が光ったシリーズ!初日には一番時計で捲り快勝の岡田大門に、連日先行勝負で意欲的な攻めを貫いた奥原亨善方政美も近況の気配通りで存在感がある自力戦で、最終日は新人相手の先行勝負で見せ場十分の連絡み?!勝ち上がり戦で3着2本の柊元則彦は点数以上の脚勢に見えました!準Vに終わった福田滉も一旦は前々に攻めた決勝は内容も悪くなく、年末年始のミッドナイト遠征に向けてはいい流れを掴んだかも?こうした好気配に見えた選手たちの動向にはしばらく注目してみたいものです(^^)

今回で今年・2019年の名古屋競輪は終了!ファンの皆様の1年間のご愛顧に感謝いたしますm(__)m
新年・2020年は1月15日からのF1・ガールズ開催で開幕!!来年の名古屋競輪の熱戦にも引き続きご期待下さい(^^)
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN