名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

パワーマックス




初日の7Rはなかなかの構図。徹底先行の2人と中部勢で、中団を取れそうな中部勢が有利な構成だ。徹底先行の2人・大石と今回紹介する原口昌平は複雑な表情をしていたが、自力の気持ちに変わりはない。たとえラインが2車だとしても。

  その中には、近況好調という裏付けもあるだろう。

   「ここ最近は動けていると思います」と話す。

  2場所全てバックを取っている積極性も大きな魅力だ。

  「状態がいいからこそ、動けるんだと思います」

  では、その好状態のきっかけは、何か。もちろん、練習だが、その方法は少し独特。

  「最近はパワーマックス1本です。この練習が1番きついと思うし、それで成果がでているので」

  同県の先輩・坂本亮馬のところで練習をしているが、その坂本が所持するパワーマックスで室内練習を繰り返している。負荷をかけての練習は苦しいが、原口には大きな裏付けとなっているようだ。

   初日の7Rは先行争いに巻き込まれそうなうえに、ライン2車。しかし、今の原口ならその不利もはねのけてしまうか。7Rは車券的にはもちろん、その内容も見逃せないレースとなりそうだ。


記事:中日スポーツ 西崎記者
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN