名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

第62回オールスター競輪決勝 参考データ

〇前回優出/前回優勝
 ・郡司浩平は3年ぶり2回目のG1決勝…前回は2016年6月の名古屋・高松宮記念杯準V
 ・中村浩士は昨年オールスター、諸橋愛は昨年競輪祭以来のG1決勝
 それ以外の6人は今年G1決勝の実績あり!
 G1優勝は
 中川誠一郎は勝てば今年G1で3回目のV…年間G1V3は1997年・神山雄一郎以来22年ぶりの快挙!
 平原康多が2年半ぶり(おととし2月・取手全日本選抜)
 新田祐大が1年半ぶり(昨年2月・四日市全日本選抜)
 渡邉一成が2年ぶり(おととし10月・前橋親王牌)
 佐藤慎太郎が16年ぶり(2003年11月・高知全日本選抜)
 それ以外はG1初優勝がかかる!

〇オールスター決勝成績
 諸橋愛は14年ぶり、佐藤慎太郎は8年ぶり、平原康多と菅田壱道は3年ぶりのオールスター決勝
 (佐藤慎太郎は14年前の当地オールスターで決勝3着の実績あり!)
 渡邉一成は3年連続、中村浩士は2年連続優出
 新田祐大は2年ぶり(昨年は準決敗退)ながら2013年以降の7年で6回目の優出
 中川誠一郎と郡司浩平はオールスター初のファイナル

 優勝歴は新田祐大(2015年松戸・58回大会)と渡辺一成(2017年いわき平・60回大会)だけ!

〇過去10年の決勝の傾向は…
 ・期間内の平均配当は二車単:1,725円、三連単:13,426円で比較的平穏傾向!10回中6回が二車単3桁で決着!
 ・ドリーム組が3勝、オリオン賞組が4勝、特選予選組が2勝、一次予選組が1勝。ここ3年は続けてオリオン賞組がV!
 ・シャイニングスター賞組からの優勝は4人。二次予選組で優勝した6人のうち5人が二次予選を1着でクリア!
 ・期間内は北日本勢がV4、関東勢がV3の東高西低!
 ・期間内の優勝者の平均年齢は33.5歳。20代のVが3人の反面、40代のVが2人!

〇その他
 ・東北4人のG1ファイナルは2016年2月の久留米・全日本選抜以来…この時は渡邉・佐藤・新田のワンツースリー決着!

以上、皆様のご健闘をお祈りしますm(__)m
記事:実況アナ 藤澤宏己
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN