名古屋けいりん 42#

ミッドナイト競輪

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

地元記念で得たモノ



  前回の小松島記念。太田竜馬の番手で決勝3着と11月のGⅠ・競輪祭の権利をゲットしたのが久米康平だ。他地区の選手にも『よかったね』と声をかけられ笑顔で返す。


   それでもその内容は、納得できるものではなかったようだ。

  「結果はよかったけど、特に2日目の走り方が悪すぎる…。決勝も番手をまわったのに」と下を向く。
   

  それでも地元の記念で得たことは多かったようだ。

  「課題点は、もうたくさん見つかりました。後はそれをひとつひとつ、つぶして成長できるように。せっかくGⅠを走れるチャンスをもらったし、そこを走るまでにふさわしいレベルにまで成長できれば」


  初日は9Rに登場。ラインも4車と長くなり、自分の力を発揮する絶好の機会。地元記念でひと皮向けた感のある久米の激走は見逃せない。

  

記事:中日スポーツ 西崎記者
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN