名古屋けいりん 42#

文字サイズ

  • 文字サイズ
  • 標準
  • |
  • 拡大


ホーム > 中日スポーツコラム
中日スポーツコラム

再びビッグの舞台へ

初日の7Rに出走する中川諒子。近況は4場所連続で決勝進出とまずまずの結果を残している。本人も「ひところに比べるといいですね」と笑顔で話す。


 それでも、もちろんこの数字で満足というわけではない。
  「もっと頑張りたい」

 モチベーションとなるのは、これまで2年連続で出場している7月のガールズケイリンフェスティバルだ。
「今年は九州地区の別府で開催されるから。4月までが選考期間。優勝もさらにしたいし、得点も上げておきたい。昨年の11月の小倉で開催されたガールズGPトライアルは出場できなかった分、この別府には出たいです」

 熊本出身の中川にとって、やはり地元の九州地区で行われるビッグへの思いは格別。新潟登録でデビューしただけに、そして地元の熊本は地震の影響でいまだに開催を行ってないだけにその思いは強くなる。
 地元地区のビッグに出場するためには、一戦もおろそかにできない。それは強敵の奥井迪と対戦する初日7Rでも。抜群のスピードを武器に初戦勝利を飾れるか。地元地区のビッグ出場に意欲を燃やす中川の走りに期待したい。

記事:中日スポーツ 西崎記者
Copyright (C) NAGOYA KEIRIN