レース展望

一流スターの競演真夏の最高峰決戦
高松宮記念杯に続いてS級S班9名が揃い踏みとなりスーパースターが集結。来年からはナイター開催となるため、デイレースでのオールスター競輪は今年で最後となる。歴史に名を残すのは誰か。
高松宮記念杯で完全優勝の脇本雄太がGI連続優勝を狙って参戦。圧倒的なパワーとスピードは更に進化を遂げていて、シリーズの中心は揺るぎない。 村上博幸、東口善朋、南修二、稲川翔、古性優作らで近畿が結束力を見せる。
対抗格は新田祐大が引っ張る北日本勢。脇本と新田の力勝負は今回も最大の見どころ。GP王者の佐藤慎太郎が上手く作戦を立てて撃破へ。新山響平の先行力、和田圭と守澤太志の切れ味にも注目。
今年前半のタイトルをそうなめにした松浦悠士、清水裕友の中国ゴールデンコンビには固い絆が。どちらが前でも戦える柔軟性で優勝争いに参戦。岩津裕介がラインを固め。
総合力上位で抜群の安定感を誇るのは平原康多と郡司浩平。平原は鈴木竜士、吉田拓矢、諸橋愛、木暮安由の関東勢、郡司は和田健太郎、岩本俊介、渡邉雄太の南関勢を味方に頂点を目指す。
吉田敏洋、深谷知広、金子貴志の地元勢は浅井康太と意地の走りを披露。
中川誠一郎、山田英明の九州コンビは混戦を待って一撃にかける。

ドリーム展望

単騎になる可能性は高いが中心は脇本雄太。今年初戦の高松宮記念杯で完璧な走りを披露していてパワー上位は明らか。 新田祐大―佐藤慎太郎の福島勢、松浦悠士、清水裕友の中国勢がラインの力で応戦する。地元代表の深谷知広には浅井康太が連係して。平原康多、郡司浩平は総力戦で見せ場を。
ドリームレース
脇本 雄太
脇本 雄太福井/94期
久々の実戦となった高松宮記念杯は完璧なレース内容で完全優勝。世界でも通用するスピードは国内なら無敵の域に。ファン投票1位の期待に応える驚異の走りを。
平原 康多
平原 康多埼玉/87期
今年も無類の安定感を見せ付ける関東のエース。落車した開催以外は全て決勝進出を果たし、今年前半は優勝、準優勝のみとさすがの戦歴。確実に優勝争いに絡む。
松浦 悠士
松浦 悠士広島/98期
昨年のGI初制覇から今年は更に進化した走りを披露。清水裕とのゴールデンタッグでタイトル戦線を席捲している。自らの機動力にも力強さを増し、正に充実期。
新田 祐大
新田 祐大福島/90期
昨年の世界選手権ケイリンで銀メダル。競技の影響から限られた実戦の中でも毎年GI制覇を続けている。ワールドクラスの豪脚で名古屋オールスター連覇を狙う。
深谷 知広
深谷 知広愛知/96期
ナショナルチームの活動を優先して実戦から遠ざかっていたもののファンの支持は絶大。昨年の名古屋オールスターは準決敗退。今年はそのリベンジを狙って激走。

オリオン賞展望

ファン投票10~18位による選手の戦いは接戦気配。ラインの結束力なら近畿勢。三谷竜生を先頭に村上兄弟が一枚岩の連係。先行力なら新山響平。 ここには地区的に諸橋愛、神山雄一郎が続く並びか。山崎賢人の番手で脚をためる中川誠一郎には一撃の魅力。単騎になりそうな太田竜馬も能力高く。

オリオン賞レース
村上 義弘
村上 義弘京都/73期
近畿軍団を支える精神的支柱として長らく君臨。先行はさすがに減ったが、気持ちのこもったレースは変わらず。名古屋ではダービー3回の優勝実績が燦然と輝く。

注目選手

吉田 敏洋愛知/85期
吉田 敏洋

ホームでのGIに人一倍の闘志を燃やす。昨年の名古屋オールスターは二予で敗退となり今年にかける想いは更に強くなったはず。特選スタートから頂を目指す。

高橋 晋也福島/115期
高橋 晋也

ビッグ初出場となったウィナーズカップでいきなり表彰台に上がる活躍。将来の北日本を背負うホープとして期待は高まる。パワーアップを続ける先行力に注目。

寺崎 浩平福井/117期
寺崎 浩平

推薦選手に選ばれてデビュー1年にして早くもGI初出走となる。史上初の早期卒業に応えて余りある快進撃。超一流を相手にどんな戦いを見せるかが見どころ。

ガールズドリーム展望

4年連続ファン投票1位の栄誉は児玉碧衣。抜群のダッシュ力で1着を量産。2年連続GGP覇者が期待に応える走りを魅せそう。 小林優香が6月松山から実戦復帰。競技主体で出走が少ないが屈指のパワーは健在。夢の対決を制すか。 昨年のドリーム戦を制した石井寛子は巧みな位置取りで連覇を狙う。石井貴子は2年連続GGP2着。自力自在戦で間隙を突くか。 長澤彩が地元気迫の走りをみせ激走。高木真備と太田りゆも一撃を狙う。
ガールズドリームレース
児玉 碧衣
児玉 碧衣福岡/108期
ダッシュ力を活かした鋭い仕掛けが魅力。4年連続1位の期待に応え優勝を狙う。
石井 寛子
石井 寛子東京/104期
昨年の覇者。6月平で通算100優勝の偉業を達成。レース巧者の走りを魅せ連覇へ。

アルテミス賞展望

ファン投票8位~14位の選手によるアルテミス賞は今年で4回目。ガールズを支えている個性溢れる選手の好勝負は必至。 梅川風子が強烈な捲り脚をみせるか。特別競走ではまだ未勝利もスピードを発揮しそう。 GGPで2度の優勝がある梶田舞と初代女王の小林莉子は大舞台に強く勝負強さが持ち味。 先行力なら奥井迪。風を斬る走りで真向勝負をみせる。 大久保花梨、鈴木奈央、石井貴子の動きも侮れず、ジャンの攻防には注目。

アルテミス賞レース